探偵ナイトスクープの感想 『必死の形相で家族全員が熱狂する超単純チャレンジ!?』2019/06/21




2019年6月21日(金) 放送

  • 水族館で釣りが見たい!
  • アーモンド・チャレンジ!
  • 絵しりとりを解読して

出演者
顧問:林裕人
秘書:桂紗綾(ABCテレビアナウンサー)

水族館で釣りが見たい!★★★★

澤部 佑 奈良県の2人の女性(24)、(25)から

私たちは釣りが大好きで、よく一緒に行く。水族館も大好きで、いつも一緒に出掛ける。そして、2人で水族館に行くたびに毎回、同じ話になる。水族館で釣りをしているところを見れば、魚がどんな風にエサに食いつき、どうやって釣られているのか、その一部始終をガラス越しにハッキリ見ることができるのでは!?ぜひ見てみたい、というもの。

西田局長が「水族館で釣りって一番NGじゃないのか?」とVTRが始まる前にポツリとつぶやいた依頼です。

依頼としては

→会議室で依頼者達と話す→ナイトスクープで水族館といえば「須磨海浜水族園」→須磨海浜水族園に行き話をする→いつもの円広志こと担当の大鹿さんが出張でいない→水族館の広報の女性が「ナイトスクープは大鹿案件なので大鹿に連絡を・・・・」→大鹿さんの携帯に電話して閉園後に会うことに→閉園後、大鹿さんに会って開口一番「水族館で釣りをしたい・・・」→「それ水族館で一番NGです」→「釣りをしたいのではなく釣りをしているのをガラス越しに見たい」→「釣りは無理だけど寄生虫の調査の際に魚を釣ってチェックするのでそれをガラス越しにみるならOK」

という流れで実際に5名ほどの職員が寄生虫の調査をするついでにアジなど4匹ほどの魚を釣るシーンを水族館のガラス越しですが生でみることができました。

水族館の中で釣りをするとなると一歩間違えると重大な案件になるので、あくまで寄生虫の調査のために釣りをして、それを見学するという形になりました。大鹿さんもアジなどを釣ったあとに真水に漬けて寄生虫の調査するシーンをちゃんと撮影してもらうなど結構気を使った撮影になりました。

調査用なので釣り針も返しがついてなくて魚を傷つけないように配慮されたものでしたね。まあこれでも水族館にクレームの電話を入れる人はいるのではないのでしょうかね。

水族館の職員でも魚を傷つけないように釣りができるのが現在2名ほどしかいないというので色々大変なんだと思いました。

アーモンド・チャレンジ! ★★★

橋本 直 神奈川県の男性(34)から

今、我が家で流行っている「アーモンド・チャレンジ」について聞いて欲しい。ソファーにもたれた状態で、服のたるみにアーモンドを置き、手を使わずに食べるというチャレンジに、家族で夜な夜な熱くなっている。子供たちも、体が柔らかい、首が短いなど、それぞれの特徴を生かしてチャレンジしてみてもダメで、誰一人としてアーモンドを食べることができない。この簡単に思えて、決して成功しないチャレンジを達成する手助けをお願いします、というもの。

お笑い枠です。

単にアーモンドチャレンジをしている旦那と奥さんが面白い顔をしている・・・・・というね。お母さんとかお笑い系の方なのか身体を張って顔芸をしていて明日から近所で話題になるでしょうけど、まあ本望なんじゃないでしょうか。

何より気になったのが家族全員NASAのTシャツを着ていて「なぜに・・・!?」というそれが一番印象に残りました。

絵しりとりを解読して ★★★

たむらけんじ 徳島県の男性(32)から

先日、友人と3人でうどん屋を訪れた際、店内にお客さんが誰でも好きに記入できる日記が置かれていた。うどんが来るまでの暇つぶしにと3人でパラパラ見ていたのだが、そこに誰が描いたか分からない「絵しりとり」があった。30個ぐらいの絵で描かれた短いしりとりなのだが、途中、どうしても分からない箇所が3つほどあり、大の大人が3人集まって、お店の外が真っ暗になるまで考えても最後まで答えを出すことができなかった。どうか一緒に絵しりとりのナゾを解き、僕たちをスッキリさせてもらえないだろうか、というもの。

流れとしては

依頼者と新見屋といううどん屋に行き日記の実物を確認→その場で絵しりとりを解読する→3つわからない絵が残る→結局「ズリ」「ういろう」「ゴーン」の3つがわからなかったけど、他人に聞いたりスマホでチェックするなどして無事に解決する

という流れでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください