探偵ナイトスクープの感想 『アンガールズ田中が依頼した、あの感動作に驚きの後日談が判明!』 2020/06/05




2020年6月5日(金) 放送

アンガールズ田中が依頼した、あの感動作に驚きの後日談が判明! ある事情で放送できなかった真栄田探偵のVTRが陽の目を見る!?  間探偵おススメのVTRには、今は亡き伝説のロッカーが降臨!!

  • 「おっさんと少年の友情」をもう一度見たい!
  • もうそろそろ「真栄田探偵が怖い」を放送してほしい
  • 「視聴率調査with忌野清志郎」をもう一度見てほしい!

今回の放送は名作VTRを放送してその後日談を出演した当事者を交えて振り返るというスタイルです。

「おっさんと少年の友情」をもう一度見たい! ★★★★★

たむらけんじ 東京都の男性(44)から

僕はナイトスクープの大ファンで、お尻やおならに関するお笑い系の依頼も好きだが、感動系のVTRも大好き。特にお気に入りなのは、バイクで旅に出た大阪のおじさんが、旅先で出会った青森の小学生と仲良くなり、後日、少年にバレないように会いに行くという依頼。まさに感動の超大作である。もう一度、あのVTRを見せて欲しい、というもの。

と、この依頼者とTV電話で繋がっていると言い、画面に映し出されたのは何とアンガールズの田中卓志だった。彼はこのVTRの魅力を「出てくる人物がみんな純粋で、その純粋さからくる“神展開”の数々。これは最高でした」と大絶賛。

さらに、番組の大ファンである田中は「アメトーーク!」の“バラエティー大好き芸人”の回で、このVTRを紹介したとか。「そしたら、あの“おっさん”から手紙が来まして、その後、すごいことが起こっている」と明かし…。

・・・・・・・・・

そのVTRは、たむら探偵が調査した『おっさんと少年の友情』(12年9月21日放送)。

勤務していた会社が倒産し落ち込んでいた大阪の“おっさん”が、北海道へのバイク旅に出た。その帰路、函館からのフェリーの甲板で、たまたま隣にいた小学生の男の子に話しかけ、会社が倒産したことや旅に出た男のロマン、人との出会いの素晴らしさを熱く語ったという。

下船時に感謝の言葉を口にされると、あまりに嬉しくなった“おっさん”は男の子に住所を聞き後日、旅の思い出が詰まった自己満足度100%のDVDと、ターミネーターのケースに入ったお菓子を、気を使わせまいと「大阪府」とだけ書いて送った。ところが、いまだにDVDを見てくれたのか?見てどう思ったのか?それだけでも知りたいと言い…。

決して男の子とは会わないと断言する“おっさん”は、着ぐるみを着て中学生になった少年と再会。するとそこから、アンガールズ田中の言葉通り“神展開”が繰り広げられ…。

さらにVTR終了後、驚きの事実が明らかに!TV電話が繋がると、8年ぶりに登場した青森の少年が!仰天の後日談とは!?

「おっさんと少年の友情」の感想はこちらになります。

VTRを見た後に少年だったタクミくんが登場します。登場したタクミくんを見ると瞬間澤部探偵が「ちょっと!!」と叫びます。続けて局長が「え!?」と驚きの声をあげます。タクミ君は制服を着ており背景には「青森警察署」と書かれた壁紙が貼られています。

たむら探偵が「その格好は?」と話すと「警察官になりました」と話します。これには探偵一同驚きというか絶句です。局長は「有言実行で凄いね~」とただただ驚いた感じの反応をします。

その後警察官になった経緯や依頼者であるアンガールズの田中さんについての話などをした後にたむら探偵が局長に感想を求めると「芸能人になるとこういう出会いできないから羨ましい」と羨ましい様なそうでもない様なことを述べます。

最後にたくみが一言言いたいと話を振ると

「青森県の警察では警察官を募集しています」

と突然言い始めます。いきなりの展開に探偵らはざわつき、たむら探偵が「タクミ君おもいっきり宣伝だったね」と言ってCMへと切り替わりました。

もうそろそろ「真栄田探偵が怖い」を放送してほしい ★★★

真栄田 賢 大阪府の女性(54)から

探偵局に一言モノ申したい。

私は去年、ある依頼を投稿し採用され、実際に探偵がやって来てロケも行われた。しかし、問題はここから。そのVTRが一向にオンエアされないのだ。問い合わせたところ、昨年世間を騒がせた、あるのっぴきならない事情により、私の依頼は幻のVTRになってしまったとのこと。

そう、あの日ロケに来たのは真栄田探偵だったのだ。だが彼も最近、無事に探偵局に復帰。もうそろそろ当時のVTRを放送してくれてもいいんじゃないか、というもの。

そのVTRのタイトルはズバリ、『真栄田探偵が怖い』。実は、依頼者が家に来たセールスマンを軽くあしらうと、突然「奥さん、私、あなたに何かしましたかね」と大声で怒鳴り出し、「これやから大阪のおばはんは嫌いやねん。くそばばぁ」と散々悪態をついて帰って行った。そのセールスマンが、真栄田探偵に背格好から顔、しゃがれた声までそっくりだったのだ。

以降、真栄田探偵が怖くて怖くて、大好きなナイトスクープも彼の調査の回だけ見られない。このトラウマを解消して欲しい、というもの。

スタジオ収録までしたけど真栄田探偵が闇営業をしたことが発覚し自粛していたのでお蔵入りになった依頼です。不幸中の幸いではないですが、依頼がない中での新作になります。ただし、VTRは2019年5月31日に収録したので西田局長&円広志顧問がゲストとしての登場になります。

苦手の克服系の依頼だということでナイトスクープお得意の「強制的に真栄田探偵と会わせて慣れさせて治す」といういつもの荒療治です。

依頼者が絵を書くのが得意だということで最後に依頼者が女性の下着を着用した全裸の真栄田探偵をスケッチして治すというわけが分からない感じで終わりました。

VTRのあとに局長が「真栄田は女性の下着を着用した全裸が好きだけどなんなん?」みたいなことを言われてました。

それと後日談ですがVTRが結局お蔵入りになったことで依頼者は一年後の現在、更に真栄田探偵のことが苦手になったということです。

「視聴率調査with忌野清志郎」をもう一度見てほしい! ★★★★

間 寛平

今回は、間探偵が「どうしても見て欲しい」という『視聴率調査with忌野清志郎』(04年7月9日)。「キングオブロッカーの忌野清志郎さんが、僕がいつも行ってる視聴率調査に一緒に行ってくれたんですよ。16年前!」と間探偵がVTRをおススメ。

この時の視聴率調査は、「必ず見ています」「毎回、拝見しています」と依頼文に書いてくれた人の元を突然訪れ、本当にナイトスクープを見ているかどうかをチェックするというものだった。間探偵から「力、入れんでもええって!」と言われながら、ライブのチラシを手に一緒に視聴率調査に回る清志郎はロッカーらしく血気盛んに大奮闘。

「やりがいのある仕事ですね」とにっこり微笑む16年前の若々しい忌野清志郎は、永久保存版のお宝映像だ。と、映像を見た松本局長は「これからも、寛平さんの視聴率調査にゲストの人が出て来てくるってこともありかもしれないね」と提案し…。

こちらの依頼は番組宛てに「いつも見てます」というハガキを送ってくれた人の家に視聴率調査に出かけて「本当にいつも見ているのか?」と確認する調査です。

この調査のその後の番組への影響は凄まじくこの放送後の依頼文には「見れる時は見てます」「できる限り見てます」という感じに「必ず見ています!」という文面が激減したキッカケになったことでも知られているある種伝説の依頼です。

忌野清志郎がゲストで出てましたけどナイトスクープの毒気が凄すぎるのか忌野清志郎さんがいることに気が付かれないケースが多かったです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください