探偵ナイトスクープの感想 『番組に助けを求めて来た母親が何故か出演拒否!? カブトムシをめぐる前代未聞の展開に石田探偵はあ然!!』2019/10/04




2019年10月4日(金) 放送

出演者
顧問:キダ・タロー
秘書:小寺右子(ABCテレビアナウンサー)

疲れを知らない我が家の犬 ★★★

間 寛平 奈良県の女性(31)から

我が家の犬のことで、どうしても調べてほしいことがある。1歳になる小型犬なのだが、私が投げたボールをくわえて持ってくる“ボール遊び”が異常に大好きで、一度始めると、いつまでもボールを投げるよう催促してくる。

犬の限界まで何回ボールを投げたか数えてみようと試みるのだが、犬は全く疲れをみせず、逆にこちらが疲れてしまい、いつも100回ぐらいで断念している。

そこで一体、何回ボールを投げれば犬はやめるのか調査してもらえないだろうか?探偵さんにボールを投げ続けていただき、我が家の犬が疲れてボール遊びをやめるところを一度見てみたい、というもの。

山も谷もない依頼です。

スタートから2時間23分 ちょうど400回でやめました。

引退を考えている40年目のアイドル ★★★★

竹山 隆範 神奈川県の男性(69)から

私は今年70歳になる、田原俊彦さんになりきって40年のアイドル「川崎のトシちゃん」だ。いまだに歌って踊って、派手な衣装を着て、みんなを元気にしている。

だが近頃、足が上がらなくなり、ダンスもキレが悪く…。アイドルをやめたいのだが、ファンの人たちから「やめないで欲しい」と言われる。ビルの清掃の仕事も続けており、やはりトシのせいで仕事とアイドルの両立は体力的にしんどい。

やめた方がいいか?続けた方がいいか?相談に乗ってほしい、というもの。

川崎のトシちゃんが引退したいと思っているという依頼です。

こういう場合って「自称トシちゃん」って感じで誰もファンなんていないんだろうな・・・と思ったのですが、いきつけのラーメン屋に言って引退したいと発言すると店内の人たち含めて「エエッ!!」と凄い衝撃を受けてそのことに見ているこちらは衝撃を受けました。

探偵も「そんなに驚くことですか?」と驚いていました。非常に狭いローカルエリアでは人気があるのでしょうかね・・・・

引退ということで六本木のCUBEというライブハウスを借りて田原俊彦の専属ダンサーのNAOTOさんと元専属ダンサーのYO!!さんをバックダンサーに従えて豪華なラストライブを行いました。

それにしても本物の専属バックダンサーと一緒に共演できるなんて夢みたいで羨ましいですよね。

息子のカブトムシを殺してしまった母 ★★

石田 靖 大阪府の女性(43)から

この春、ホームセンターで2匹のカブトムシの幼虫をもらい、小学4年生の息子が世話をしながらサナギになるまで育てており、いつ羽化するのかと虫カゴを毎日見つめている。

だが、1週間程前から虫カゴにコバエが発生し、私はコバエ取りシートを割り箸に挟んで設置しようと思い、割り箸を土に刺したところ、思いっきり1匹のサナギを突き刺してしまった。

その瞬間、頭の中は真っ白。息子の号泣する顔が浮かんだ。正直に言わないといけない…いつ言おうか、いつ言おうかと考えているなか、ある日ナイトスクープを見ていると、「娘の宝物を壊してしまった」という放送があった。

依頼者のお母さんが、お嬢さんの宝物のコップを壊したことを正直に打ち明けて、お嬢さんが「ママ、大丈夫やで」と言うシーンに感動しながら、私は隣に座る息子に「もしママがあなたの宝物を壊してしまったら、このお嬢さんみたいに許してくれる?」とたずねると、息子はボソッと「許さへん」。…ゾッとした。

もう正直に言うことはできない。どうしたらいいだろうか?というもの。しかし、依頼者宅にうかがうと、事態は前代未聞の展開に…!?

探偵が依頼者の自宅を訪問すると依頼者はとてつもなく挙動不審です。お家の中に入り探偵が詳しく話を聞くと何かゴタゴタがあったらしくスタッフが事前に出演の確認の電話をすると出演を拒否されたのだそうです。

何故そんなことをしたのか探偵が理由を聞くと、カブトムシは2匹いて1匹は真っ黒で恐らくサナギの状態で死んでしまい、そしてもう一匹の生きている方に依頼者が間違って割り箸を刺してしまったのだそうですが、なんと依頼をした翌日に死んだと思った黒いサナギが無事に羽化してカブトムシになったのだそうです。

更に話を聞くと依頼者がゴネながら話すには・・・実は撮影収録の前日に突き刺して殺してしまったと思っていたもう一方のサナギも無事に成虫になってしまったのだそうです。

もう依頼が「子供に謝る」ではなく「挙動不審な奥さんの嘘を暴く」みたいな感じになっています。何がなんだか意味がわかりません・・・・

探偵は無事に羽化した二匹のカブトムシを見せてもらいます。オス・メス2匹のカブトムシを見ていると突然「こんにちわ~」とお邪魔する声が・・・・見るとそこには「娘の宝物を壊してしまった」の依頼で登場した娘と母親が駆けつけてきてくれました。

しかし息子に謝る予定でしたが2匹とも無事に成虫になり謝る必要が全くなくなったので母娘は完全に無駄足に終わってしまいましたね・・・・

なんかよくわからない感じでグダって終わりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください