探偵ナイトスクープの感想 『探偵!ナイトスクープ リターンズ』2018/08/17




2018年8月17日(金) 放送

今回は2015年10月2日に放送された名作回の再放送になります。

掃除機嫌いの2歳児 ★★★★

石田探偵 兵庫県の男性(31)から

2歳の息子は掃除機を怖がる。置いてある掃除機を見るだけでも「怖いなぁ」と言い、使い始めると大号泣し、走って逃げだす。あまりにも怖がり、嗚咽するため、可哀想で掃除ができない。しかし、このまま掃除機を使わないでいると、細かなゴミなどのハウスダストで健康が損なわれないか心配だ。どうか優秀な探偵さん。息子の掃除恐怖症を治し、親子で楽しく掃除が出来るようにしてもらえないか、というもの。

今回の放送のメインとなる依頼です。掃除機が怖いということで掃除機嫌いを治す依頼です。

それにしても見て思ったのはいろんな掃除機があるんだということです。子供用のアニメの掃除機とかあるんですね。

直接「掃除機嫌いを治す」というより息子さん以外の集まった子供たちが楽しそうに掃除機使っているのをみて「仲間はずれになりたくない」と思った息子さんが「自分もやる」といって掃除機を使いはじめたことで依頼は解決しました。

自分だけ仲間はずれになる孤立感>掃除機への恐怖

と言った感じで孤独が恐怖を上回ったようですね。それにしても掃除機大好きな少年。凄いです。

ドラマの定番 ★★★

竹山 隆範探偵 愛知県の男性(46)から

探偵手帳10冊目を目指しているが、2009年に採用された依頼『ドラマ定番』のパート2ができるくらいネタが集まったので、ぜひ披露させて欲しい、というもの。

ナイトスクープ常連の野々山さんからの依頼です。「ビルから落ちた死体は卍の形をしている」とか「ベットシーンは映像がフェードアウトする」とかそういったあるあるネタを紹介してくれました。

なんというか、見ていて思ったのは野々山さんにはドカンとデカイネタで勝負して欲しいなと思いました。

しかし、野々山さんもそろそろ50歳を迎えるんですねぇ。感慨深いです。

ゲップ、くしゃみ、おならを連続で出したい ★★★

澤部探偵 東京都の男子大学3年生(21)から

僕は今、ある大技に挑戦している。それは「GROWN UPS2(グロウン アップス2)」というアメリカ映画に出てくる“Burp Snart(バープスナート)”というもので、ゲップ、くしゃみ、おならの順に連続で出す技。映画では実際の音ではなく、効果音をつけていると思われるが、なんとか生音で出来ないものかと、この映画を見た日から8カ月間、ずっと練習している。しかし、未だに成功したことが一度もない。この「バープスナート」は、人間には出来ないものなのか。探偵さんに僕と一緒にこの技に挑戦して欲しい、というもの。

なんともバカバカしい依頼です。ゲップは炭酸飲料を大量に飲む、くしゃみは「こより」を作って鼻をくすぐれば人為的に可能なのですが、おならは果たしてどうやって連発させるのか?と疑問に思いました。

さつまいもやこんにゃくを大量に食べてもそんなにおならは連発できないだろ~と思っていると、浮き輪などに使う空気入れのポンプを使って「ホースをお尻の穴に差し込んで空気を送り込む」という方法でおならを連発させようとしたことには驚きました。

入れすぎて直腸とか肛門が破裂しないか心配でした。それに、ホースが汚いです。

最終的には映画のように完全に同時にはできなかったのですが(映画は明らかに合成でしたし)一応形としては3連発でうまく達成できたのでよかった?です。ナイトスクープらしい?といえばらしいバカバカしい依頼でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください