探偵ナイトスクープの感想 『父”と娘の変わらぬ親子愛に局長&顧問も感涙』2017/09/01




依頼は、橋本直探偵が調査した『家出した父に会いたい』、石田靖探偵の『25年前の靴!?』、真栄田賢探偵の『夫にありがとうを言いたい』の3つ。

1.『家出した父に会いたい』★★★★

橋本 直探偵 京都府の女子大学生(19)から。
私は、伯母が率いる大衆演劇「片岡千恵子一座」の元で生まれ育った。和歌山の某ホテルに常設の舞台があり、母は役者として出演、姉と私も3歳で舞台デビューし、高校2年生まで学校に通いながら役者をやっていた。そして“父”は昼間は建設の仕事をしながら、夜は一座の照明を担当していた。

だが“父”は実の父ではなく、母と入籍もしていなかった。それでも私たち姉妹にとっては父であり、いつも私たちのことを一番に思ってくれる“父”が大好きだった。

しかし今から3年前、私が高校1年の夏に母と大喧嘩をし、翌朝に“父”は家を出て行った。その後、舞台の閉鎖が決まり、片岡千恵子一座は解散。私は役者を辞め、教師になるため今春に大学へ進学。姉は今年、初めての子供を授かった。このことを伝えたくて、“父”の携帯に何度か連絡したが繋がらず…。今でも忘れられず、大好きな“父”を探してもらえないだろうか、というもの。

本当の人探しの依頼です。本当に探偵を雇って興信所にお願いする依頼でした。依頼内容でだいたい局長がハンカチを準備する話だと感じました。

ちょっと複雑な親子関係で育ての親に会いたいという話です。私はちょっとだけ変に勘ぐってしまったのは依頼者の大衆演劇の一座である生い立ちから間違いなく実の父親もテレビを見れば「これは自分の娘だ」と特定できるから実は実の父親にもメッセージをテレビを使って送っているのではないのかな?と変に思ってしまいました。

なお母親が二人が別れた理由を依頼者姉妹に聞かれて「もっと大人にになってから」と答えてましたが姉はもう既に母親であり「これ以上の大人のステージってあるの?」と単純に思ってしまいました。(まあ、男女のことというけど単純に父親が浮気しただけだと思いますが・・・)

父親の顔出しはできなかったけど、姉妹のことを本当の娘のように思って育ててきたという真摯な想いは本物でそれは姉妹とのやり取りをみただけで伝わってきました。それだけに「ならなぜ母親と別れたんだ・・・」という思いも同時に胸によぎりましたが・・・・

2.『25年前の靴!?』★★★

石田 靖探偵 愛知県の男性(42)から

事件は私の先輩が飲み屋の帰り道、酔っ払て空き缶を蹴飛ばそうとしたところ、空振り。その時、靴が脱げて飛んでいき、隣村の知らないお宅の屋根に乗ってしまった。しかも、玄関の上の物凄く目立つところに…。

それから約25年の月日が経ったのだが、先輩の靴は今でも屋根に乗ったまま。先輩はもちろん、後輩の僕も、そこを通るたびに胸が痛む。先日、先輩がついに「ナイトスクープに助けてもらおう」と観念した。山深い田舎の村だが、25年間の呪縛から解放しにきて欲しい、というもの。

VTRは石田探偵が依頼者の家に行くシーンから始まります。ナイトスクープのベテランになると依頼が簡単に片付くと「どうでもいい場面で尺を稼ぐ」というのを知っているので、依頼者の家での鮎のご馳走の手料理のシーンなどでだいたい「これは依頼はマッハで片付くパターンだな」ということが読めてしまいました・・・。ただ、依頼者の嫁さんの料理は豪華だし、鮎の天ぷらとか美味しそうでした。本当に羨ましかった。

屋根にのった靴はそれは目立つところに置いてありました。尋常じゃなく目立つ所にありましたが、お家の主人は全く気がついてないという驚きの発言。そして、奥さんは実は靴に気がついていたということですが、それもつい数年前の出来事で20年以上気がつかないままであったそうです。

おおらかというか、なんというか、不思議な出来事でした。なぜ気が付かないのかを逆にナイトスクープで調査して欲しいですね。誰か依頼を投稿してくれませんかね?

3.『夫にありがとうを言いたい』★★★ 3.5

真栄田 賢探偵 宮城県の女性(33)から。

私は結婚6年目、2人の子供がいる主婦なのだが、夫に対して素直になれず、無愛想な態度をしてしまい、夫との衝突が絶えない。家事を手伝ってくれたり、子供の面倒を見てくれたりしても、どうしても「ありがとう」が言えないのだ。

世間の奥様方は、旦那さんに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えているものだろうか?もうすぐ夫が頑張って購入してくれた新居に引っ越しをする予定。夫に素直に「ありがとう。これからもよろしくお願いします」と感謝の気持ちを伝えたい!この機会を逃すと、もう一生伝えられなくなってしまうかも知れない。

新しい環境で心機一転スタートできるよう、力をお借りできないだろうか、というもの。

いつも思うのですが「勇気がないからテレビを使って告白したい!」みたいな依頼って全国放送で自分のプライベートを晒すことになりますよね。だから「英雄なみの勇気」を持っていると思うんですよね・・・尋常じゃない豪傑ですよ。モンスター並の勇気をもってますよ。

異性に普通に告白する勇気がある人に「全国放送で告白してみて?」と言ったら殆どの人が「そんな勇気ない」って言うと思いますもん。

と、ちょっとそれた話になりました。VTRでは最初に街中で何人かの既婚女性に対して「突然夫にありがとうと言ってみてくれませんか?」とお願いして夫に電話で「ありがとう」を伝えておりました。

突然のことに驚いてビックリしながらも素直に感謝の言葉に感激する旦那さんもいれば「で、お願いは何?」みたいな感じで「下心があるからいきなり感謝の気持ちを伝えてきたんだろ?」的な対応をする旦那さんもいて色々だなと思いました。

最後は本番!?の依頼者の「ありがとう」のシーンでした。なんというか、旦那さんへの気持ちの詰まった感謝の気持ちとそれをちゃんと受け止めて同じように依頼者に対して「ありがとう」を伝える旦那さんの姿は夫婦共々感極まってジーンとくるシーンでした。

ちょっと予想外に良いシーンでしたのでびっくりしましたね。表現が難しいですが、お互いが相手に敬意を持って互いに尊重し合う姿は凄い見ている方も凄い胸を打たれるというか・・・・感動しましたね。良い意味で予想の上をいく期待を裏切られた結末でした。

ああいった夫婦の関係になれる夫婦って何割ぐらいいるのでしょうかね。なんというか辛酸を共にしたというか、結婚式の誓いの言葉でないですが「健やかなる時も病める時も共に苦労や喜びを分かち合った・・・・」という男女のカップルという枠組みを超えた人間としての運命共同体的な結びつきを感じました。

最初の依頼が両親の別れた話だったので依頼者の様なカップルもいれば、最初の依頼のように別れてしまう夫婦もいて結婚と言っても本当に色んな姿があるんだと考えさせられました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください