探偵ナイトスクープの感想 『“出せないシリーズ”の依頼者は、 あの人気ミュージシャンだった!』2020/01/31




2020年1月31日(金) 放送

  • 絶対に部屋から出せない机
  • 結婚指輪をなくした年の差夫婦
  • ブランコをこげない体育の先生

出演者
顧問:佐々木蔵之介
局長:松本人志
秘書:増田紗織(ABCテレビアナウンサー)

絶対に部屋から出せない机 ★★★

田村 裕 東京都の男性(52)から

仕事部屋のテーブルが部屋から出せなくて困っている。前の家でリビング用に作ってもらったもので、引っ越しの際に今の仕事部屋に持ち込んだ。模様替えをしたくて出したいのに、デカくてどうやっても出せない。メジャーでテーブルと出入り口のサイズを測ったが、どうやら無理のようだ。

木製の部分は組み込んであってバラせそうもなく、仕方ないので脚を切ってでも部屋から出して捨ててもいいと思っている。しかし、家内は思い入れもあって「捨てるなんて、もったいない」と言い、意見が分かれ途方に暮れている。

なんとか無事に部屋から出せないだろうか?そして、どこか引き取ってくれるところはないだろうか?お力添えをお願いします、というもの。ところが、依頼者はなんと人気ミュージシャンのトータス松本(ウルフルズ)だった。田村探偵は、テーブルそっちのけで大興奮!さらに、急転直下の結末も待ち受ける!!

出せなくなった系の依頼です。ウルフルズのトータス松本さんが依頼者という依頼でした。松本新局長も以前に食器棚から取り出せない依頼を出していたので、まあ一定の需要のある依頼ですね。それにあの依頼がなかったら松本局長は局長に就任してなかったかもしれません・・・・

トータス松本さんの仕事場のテーブルですが、探偵がいざ現場に行くと凄いおしゃれで綺麗な仕事場でした。依頼より仕事場を紹介して欲しかったですね(笑)探偵も仕事場を見てテンション明らかに上がってましたし。

依頼は結局テーブルを作ってくれた業者の方を呼んで分解して運び出しました。それをみて思ったんですが、それやっちゃうなら依頼せずに最初から業者呼んでやって下さいって感じでした。ある種禁じ手ですよね・・・・

結婚指輪をなくした年の差夫婦 ★★★

澤部 佑 兵庫県の女性(18)から

私の夫は38歳で、20歳年上。トシが離れているせいか、よくつまらないことで喧嘩をする。先日は私がカッーとなってしまい、大事な結婚指輪を部屋の中で投げ捨ててしまった。すぐに見つかると思ったのだが、どこを探しても見つからない。夫は「新しく買えばいい」と言ってくれた。しかし、失くした私が言うのもおかしいが、新しいものではなく、夫の気持ちが入っている“あの指輪”がいい。もうすぐ2人目の子どもが生まれるので、それまでに指輪を見つけてスッキリした気持ちで出産を迎えたい。どうか力を貸して欲しい、というもの。

無くした系の依頼です。1つ目の出せない系と同じく一定の需要のある依頼です。もしかしてまとめてやろうとかですかね・・・・

依頼者は18歳ながらすでに二人目の子供・・・・と依頼文に書いてあったのでヤンキーなのかなと思ったのですが、すごく可愛い女の子でした。化粧をしたらもっと綺麗になると思いました。まあ依頼内容に関係ないですけどね。

ご主人は鳶職の方でお邪魔した部屋を見ると中に漢字が沢山書かれている夜露四苦系のやつが沢山飾られていました。探偵もそれを見て「走り屋?」とか「怖い方?」と聞いていました。

依頼者に「ご主人のどんなところが好き?」と聞いたら「マック食べてる姿が最高にかわいい」と言います。なるほど・・・・・・

指輪は探偵が徹底的に部屋を探したら見つかりました。棚の後ろになぜか隠れてました。探し終えてしばらくすると主人が帰宅しました。怖い系の方なのかビクビクしながらご主人の登場を待ったのですが、実際のご主人は嫁さんのために新しい結婚指輪を買ってくれたりと優しい方でした。依頼者もご主人の優しさを目の当たりにしてカメラの前で泣いてました。

VTRが終わってスタジオに戻ると最後に局長が「マックを食べてる姿はない?」と聞いたのは流石だなと思いました。

ブランコをこげない体育の先生 ★★★

橋本 直 大阪府の男性(33)から

私は大阪と京都で体育の先生をしているのだが、小さな頃からブランコが全くできない。アルプスの少女ハイジのようにブランコをこぎたいのだが、できない。体育の先生をしているくせにブランコができないなんて、子供たちや保護者にバレたらとても困る。そこで、私がブランコをできるようにして欲しい、というもの。

体育の先生ということですが、実際に学校で体育を教えているわけでなく家庭教師としてプロの体育の先生をしている様な方でした。ですからネットでは「宣伝目的じゃね?」みたいな意見も結構見受けられました。

最後はアルプスの少女ハイジの様な絶景の中でブランコを漕ぎました。場所は琵琶湖のほとりでオートキャンプ場「家族旅行村 ビラデスト今津」(滋賀県高島市)というのだそうです。素敵なブランコでした。インスタ映えしそうなので夏には人が殺到するんですかね?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください