探偵ナイトスクープの感想 『亡くなった夫の夢を代わりに叶えたい妻と、 浮気で失った妻の信頼を取り戻したい夫…。 全く異なる夫婦2組の人間ドラマに探偵が挑む!?』2019/12/06




2019年12月6日(金) 放送

出演者
顧問:円広志
秘書:増田紗織(ABCテレビアナウンサー)

冒頭から局長が「自分のギャラが決まってないので明細見てから僕の雰囲気変わっていきます」などボケたりして新しく変わっていきそうな雰囲気あります。

亡き夫の釣竿でイシダイを釣りたい ★★★★

田村 裕 三重県の女性(53)から

8年前に亡くなった夫はイシダイ釣りが大好きで、よく仲間と出かけていた。そんな夫は闘病中、元気になったら、もう一度、釣りに行くことを目標にしていたのだが、その夢は叶わぬまま亡くなってしまった。

釣り仲間の皆さんに釣り道具を形見分けしたのだが、イシダイを釣る用の竿だけは手放すことができず、我が家にある。その竿を見ているうちに、私が代わりにその竿で夫の最後の夢だったイシダイを釣って、仏壇に供えたいと思うようになった。

しかし、素人の私では竿を扱えないし、釣り方も分からない。夫が心残りだったことを私が代わりに叶えたいので、手伝ってもらえないだろうか。

ちなみに私と夫は8年前、「激辛鍋を家族で食べたい」という娘の依頼で、寛平探偵にお世話になった、というもの。

イシダイを釣りに行ったのですが、二匹も釣れました。探偵がスタジオで語るには釣り船の方が「テレビが撮影に来て撮影中に無事に釣れたのは初めて」というぐらい釣るのが難しいそうですね。それなのに1匹だけでなく2匹も釣るのは凄いことらしいです。スタジオで顧問も「奇跡奇跡」と言ってました。

あまりの展開に局長も「やらせってことはないよね・・・・クレイジークレイジー」といかにもヤラセ風な演出にツッコミを入れていました。局長有能ですね。

浮気が妻にバレました…

石田 靖 東京都の男性(31)から

結婚して6年、僕は妻を「ズー」と呼び、妻は僕を「シワ」とニックネームで呼び合う、とても仲の良い夫婦だったのだが…。今から5カ月前、ズーに浮気がバレてしまった。離婚寸前まで行ったが、現在は何とかギリギリ一緒に生活することを許してもらっているという状態だ。ズーには「もう私の好きだったシワはいない!」と言われ、僕は本当に取り返しのつかない罪を犯してしまったと気付いた。それからは毎日がとても不安なようで、ズーが言うには「愛情が溜まるタンク」というものがあるらしく、僕の浮気が原因で、そのタンクに穴が開いて、愛情という水がずっと漏れ続けている状態らしい。そこで、ズーから「毎晩、寝る前に私に愛の言葉をかけて、タンクに愛情を注いで欲しい」と言われ、浮気がバレてから約5カ月間、「なぜ浮気をしたの?」、「私が傷つくことは考えなかったの?」と、いつも同じ質問を投げかけられ、僕も同じ質問に毎日答えている。長い時は、そんな問答が1時間続く。それでも、ズーの僕への不信感は拭えなく…。昔の彼女に何とか戻って欲しいが、先日もいきなり起こされて結婚指輪を抜き取られ、自分の結婚指輪と一緒にベランダの排水溝に捨ててしまった。その指輪は、妻のご両親が着けていたものを「二人に受け継いで欲しい」といただいた、世界に一つだけの結婚指輪だった。僕はどう償えばいいのだろうか?今はもう、ズーの手に指輪はない、というもの。しかし、調査を進めると新たな事実が次々と発覚し…。長編人間ドラマともいうべき難題に、石田探偵が挑む!

局長が「これ探偵の仕事か?」石田探偵「正直、家庭裁判所の仕事だと思う」というような依頼です。ていうかスタッフはなぜこんな依頼を選んだのでしょうか・・・・しかも2枠30分もの滅多にない特番の依頼になりました。

見ていて思ったのはこの依頼者は悪気がないけどまた浮気をすると思いますね。別れたほうがいいです。Twitterに流れてましたけどテレビ番組に浮気関連で出演した夫婦って放送後しばらく経過してから聞くと殆どが別れるらしいです。

あと、こちらの依頼者の方はテレビの制作会社に勤めており現在はその周辺で活動しているのでまあ宣伝こみの営業活動って感じっぽいですね。依頼者のTwitterやYouTubeのアカウントとか略歴とかす全て速攻で特定されてました。

なんかよくわからない依頼でこの辺を新局長が修正していって欲しいと期待してます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください