探偵ナイトスクープの感想 『「夏休み直前!子供大会」というテーマで、過去の名作を集めた総集編!!』2018/07/06




自作のピタゴラスイッチ ★★★★ 4.5

2016年 5月20日放送

橋本探偵 香川県の男性(当時15)から

「僕は3歳の頃から“ピタゴラ装置”を作ってきて、動画を投稿してきた。ところが4月から高等専門学校に進学して寮生活をするため、もう「ピタゴラ装置」を作ることができなくなる。そこで、12年間の集大成の作品を作ったが、どうしても途中でつまってしまい、最後のゴールまでの動画を撮影することができない。もう100回以上失敗している。どうか、成功するよう力を貸してください」というもの。

VTRを見ていたスタジオの客席から、大歓声が上がったほどの大傑作!

ピタゴラスイッチを高専に入るような中学生がガチでやったらどうなるかという依頼でした。

実際にNHKのピタゴラスイッチ以上の壮大なセットを用意して挑んだののですがあまりのクオリティーにスタジオから驚きの声が度々挿入されました。

放送日が5月であったので(撮影は3月末から入学式前の4月の初旬)既に入学していると思うのですが、学校で話題になったことでしょう。入学式前に放送があったら、入学式で凄い話題になったりしたと思うんですよね。「あの子どこだ?」みたいに・・・・。

小豆島から高松に引っ越して母親から離れて新しい生活をするので、色々頑張って欲しいですね。

しかしハイテクだと思ったのは最後にiPhoneを使って印刷するところですね。印刷するだけならまだわかりますが、iPhoneを使ってタッチパネルからのワイヤレスLANを使用した印刷はローテクなピタゴラスイッチの中でハイテクを感じました。

でもお母さんのたて笛はとても味がある音色でした。

剣道で夢の1勝 ★★★★

放送日 2017年05月19日

澤部探偵 兵庫県の女性(当時34)から

「私は小学1年生から12年間、剣道を習っていたのだが、その間ただの一度も勝ったことがない。戦績は0勝およそ70敗。もともと負けず嫌いの性格で、試合に負けては悔し泣きをし、「次こそは勝てる!」と試合に挑んでは、また負けて悔し泣き…を繰り返してきた。

剣道から離れて15年たった今でも「勝利まであと一歩のところで面をとられ、負ける夢」を見ることがあり、悔しさが再びふつふつと蘇ってきた。どんなことでもするので、なんとか一度でいいから勝たせていただけないだろうか?」というもの。そこへ対戦相手として、「剣道を習っているが一度も勝ったことがない」という少年が現れ…。

依頼者の女性と、純粋な少年との真剣勝負に西田局長が涙した名作。

剣道に関して「一度でいいから勝ちたい」という依頼が複数あったので両者を戦わせたらどちらかが必ず初勝利をするという依頼です。

以前もあったのでこちらの感想を参考にして下さい。でもあまり感想書いてませんね。というか、なんでピックアップされたんでしょう・・・・

ボールを取って ★★★★

放送日 2016年07月01日

真栄田探偵 三重県の男子小学生(当時9)から

「僕は野球が大好きな小学4年生。この間、従弟とおじさんとで野球をして遊んでいたら、僕が打ったボールが建物の屋根に上がってしまった。特大ホームランだ!と僕は喜んだが、従弟は悲しんでいた。聞けばそのボールは、従弟が去年死んだおじいちゃんからもらった大切なボールだったらしい。屋根の上にあるボールを取って返してあげたいと思って、いろいろ作戦を考えているのだが、僕だけでは出来ないので探偵さんに手伝って欲しい。従弟とまた一緒に野球ができるようにしてください」というもの。

大事な野球ボールを探してロケは困難を極めるが、真栄田探偵が獅子奮迅の活躍!?

体育館の様な建物の屋根にあるボールを取る話です。

まず、アドバルーン用の風船にカメラを付けて、そのカメラから屋根に挟まっているボールを確認する作戦です。ただ、結構うまくいったのですが強風のためにアドバルーンが安定せずに微妙なところでうまくいきませんでした。

次にやったのは猿。猿に屋根に登ってもらいボールをとってもらう作戦です。というか、小学四年生の依頼者の提案する作戦をそのまま採用する探偵ってどうなんだろう・・・・

猿は幸いすぐに見つかり「神戸モンキーズ劇場」からメスのきなこちゃんが助けに来てくれました。

猿回しの人が排水ポールに沿って屋根まで登らせようとするのですが、これも風と同じく猿が言うことを聞かずに横方向の窓など別の場所に行くためにすぐに失敗となります。

次は釣り竿の作戦。釣り竿を伸ばすと屋根の高さまで伸びるのでその釣り竿の先端にカメラを付けてボールを確認する作戦です。これは成功率が高そうです。

実際に釣り竿にカメラをつけて映像をモニターを確認すると屋根の溝の部分がしっかりと写って期待が持てます。ゆっくり左に寄っていくとなんと問題の青いボールが発見出来ました。会場からは「あった~」という声が映像にワイプで入ってくるぐらいざわめきが起こりました。

実際にボールが確認できたので次は釣り竿の先端にボール紙で作ったスコップを取り付けてボールを救って救出する作戦です。モニターを見ての作戦になりましたが、粘着テープが無事にボールにくっついてボールを救出することができました。

ローテクな依頼の解決方法でしたが手作り感満載ながら無事にボールを救出することができました。

最後にそのボールでみんなで野球をやってVTRは終わりました。めでたしめでたし

おっさんと少年の友情 ★★★★★★ 6 名作

放送日 2012年9月21日

たむらけんじ探偵 大阪府の主婦(48)から。

「去年の夏、主人の勤めていた会社が倒産。塞ぎ込む主人に、かねてからの夢だった「北海道でオートバイのツーリング」を実現する機会だと勧め、家族全員で快く送り出した。テントを愛車に積み込んだ1カ月のチープ旅行で、主人は貴重な体験をしたようだ。

その時、北海道からの帰路、函館から青森までのフェリー内で、たまたま隣にいた小学生の男の子に、会社が倒産した事や旅に出た男のロマン、人との出会いの素晴らしさなどを語ったらしい。その少年は青森から北海道への修学旅行の帰りで、下船時に再び主人のところに挨拶に来てくれた。感激した主人は「旅の思い出の写真を送るから」と約束。帰宅した主人は、写真を編集した自己満足度100%のDVDと、キャンディーを少年に送った。変に気を遣わせまいと、こちらの住所は大阪府とだけ書いて…。

今は再就職して頑張っている主人だが、少年がDVDを見てくれたのか、見てどう思ったのかが、気になって仕方がないようだ。どうか主人だと分からないようにして、DVDの感想を少年から聞きだしてもらえないか」というもの。

局長だけでなく、秘書や顧問まで号泣した、涙なしでは見られない感動作品!

こちらは過去に別で扱っていますので こちら を参考にしてみて下さい




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください