『40年前の飛び蹴りの恨み!?/トランポリンで家族を見返したい妻/本の重みで2階の床が抜けた!? 』2021/04/02




今週は★5の依頼が出ました。とにかく衝撃的な圧巻の映像でした。

2021年4月2日(金) 放送

40年前の復讐をしたい!家族を見返したい!驚愕の保存マニア… などなど、強烈個性の依頼者がズラリ!?

  1. 40年前の飛び蹴りの恨み!?
  2. トランポリンで家族を見返したい妻
  3. 本の重みで2階の床が抜けた!?

出演者
局長:松本人志
秘書:増田紗織
顧問:出演なし

40年前の飛び蹴りの恨み!? ★★★★

澤部 佑 神戸市の女性(44)から

約40年前の話だが、忘れられないことがある。幼稚園の頃、廊下を歩いていると、向こうから走ってくる男の子にいきなり跳び蹴りをされた。なんで蹴られたのか訳が分からず、痛くて“くの字”になりうずくまった。

当時、引っ込み思案でおとなしかった私は先生にも言えず、グッと我慢して家に帰り母に伝えたが、上手く伝わらなかったのか仲が良いと勘違いして私のお誕生日会にその子を誘い、顔面蒼白になったことを覚えている。あの時、蹴られたことが約40年経った今でも忘れられず、先日も夢に出てきた。

現在44歳。体が動く健康なうちに、あの時の蹴りのお返しをしたいと思っている。しかし、その男の子とは卒園以来会っていない。どこにいるかも分からない。お力を貸してください、というもの。

最近有名人が子供の頃にしていたいじめをいじめ相手からSNSなどで暴露されるという流行?みたいなのがありますが「幼稚園児のころに男の子にやられたドロップキックを倍返ししてリベンジしたい!」という依頼です。

リベンジ相手の男性を見つけるために人探しから始まります。当時住んでいた場所を訪ね現地で聞き込みをします。すると依頼者が当時住んでいた40年以上前の頃を知っている住人の方を見つけます。

話を聞くと、男性の母親と知り合いらしくあっさりと男性の両親の住所をゲットします。そして男性の実家を訪問して無事男性と連絡がつきます。なんか今回はアッサリと見つけられましたね。

リベンジということなので、プロレスのドラゴンゲートさんにお願いしてドロップキックのやり方を習います。

依頼者はジャンプ力がないのか、それともジャンプした後に受け身を取れずに着地をするのが怖いのか、とにかくジャンプが低いです。床にマットを敷いて着地の恐怖を和らげるとだいぶ高く綺麗なドロップキックができるようになりました。

それにしてもひたすらドロップキックの練習台になるパンチ富永選手はかわいそうです。

最後に男性を砂浜に呼び出し、リベンジを試みます。地面が砂浜なのは着地のことを考えるとナイスなアイデアだと思いました。これで心置きなく高いキックを繰り出せます。

依頼者が男性と距離を取りドロップキックのための助走をするのですが、練習したリングと勝手が違うのか繰り出したドロップキックは不発に終わります。あまりの大失敗に見ていてびっくりしました。まず速度も足りないし、そもそもドロップキックが相手に届いてもいませんでした。

おそらく砂浜に足を取られ速度が出ないので今までの練習の感覚そのままでキックをして大失敗してしまったのだと思いました。

結局男性にネタバラシをして泣きのドロップキックをさせてもらって無事に成功させました。

男性は幼稚園時代の出来事なのに名前を名乗ったら依頼者のことをちゃんと憶えていましたね。驚きましたが依頼者のことを初恋の相手だったのでそれならと納得しました。

男性は幼稚園時代の初恋相手の女性が砂浜で突然距離を開けて突進してきたのでドロップキックではなく抱きつかれると思ったそうです。まあそうですよね・・・・というかドロップキックされるとは誰も思わないですよね。

しかしあれだけテレビで何度も何度も本名を連呼された男性はプライベートで影響が出そうです(笑)

【協力】
DRAGONGATE ドラゴンゲート
https://www.gaora.co.jp/dragongate/
不死身のサウンドバック パンチ富永

トランポリンで家族を見返したい妻 ★★★

田村 裕 鳥取県の女性(43)から

私は普段、夫や娘から「どんくさい。不器用。天然」とバカにされている。料理をしていて、割った卵をフライパンに入れず間違ってゴミ箱に入れたりするのも日常茶飯事。

それも愛嬌かと思っていたのだが、先日、とても悔しいことがあった。家族とトランポリンのある施設に行った時のこと、腰から落ちる「腰落ち」という技をやろうと思ったのだが、無様な格好で失敗し6歳の娘は大笑い。夫からは「君は一体、何ができるの?」とバカにされた。とても情けなく悔しい。

そこで、家族の前で華麗に腰落ちを決め「君はすごい!」と言わせたい、というもの。そこで、依頼者が猛特訓を始めると…。

どんくさい依頼者が「娘や夫などの家族を見返したい!」という依頼です。

驚いたのは依頼者がソフトテニスでインターハイに出場していたことです。運動神経は良いらしくインストラクターの方もセンスは良いと褒めていました。となると脳みそがポンコツなんですかね・・・・?

トランポリンの専門家の方と一緒に練習してなんと空中で一回転する前転技をマスターしました。普通の人なら1ヶ月掛かるというのを2時間でマスターしたから驚きものです。

旦那さんに実演すると素直に驚いていました。でもなんか驚きながらも旦那さんには余裕がありました。

【協力】
コナミスポーツクラブ 米子
https://information.konamisportsclub.jp/ksc/003966/

本の重みで2階の床が抜けた!? ★★★★★

竹山 隆範 大阪市の男性(52)から

現在52歳、結婚もせず独身貴族の私は、今まで趣味にばかりお金を使ってきた。漫画、アニメなどの「本」を集めることが好きで、使ってきた額は月に5~10万円、年間にして100万円以上。ただ、私は“読む”のではなく“持っている”のが好きで、ほとんど買ってきたままの状態。いわゆる“保存マニア”だ。

築40年以上になる昔ながらの2階建ての長屋を借りて、1階を生活スペース、2階を本の置き場所にしていた。が先日、私の留守中にある出来事が!30年以上集めた本の重量に耐え切れず、とうとう2階の床が抜けてしまったのだ。1階に寝ている時間だったら、確実に死んでいたと思う。まさに九死に一生を得た。

命は助かったが、これから私はどうすればいいのだろうか?至急来て欲しい、というもの。およそ3千万円で4t以上の本を集めた、驚愕の“保存マニア”の私生活は圧巻!

これは凄い依頼です。依頼の最終的な解決目標がはっきりしないのですが、とりあえず「床が抜けたから見に来て!」という依頼です。

見に行くと驚きですね。インスタ映えじゃないですけど、これTwitterやインスタに「本を買いすぎて2階の床が抜けた!」と投稿したら100万いいねを貰えそうなぐらいインパクトのある映像でした。

依頼者が山積みにしていた「書店で1万円買うと特別にもらえるという緑色の本袋」はジュンク堂書店のものらしく、ジュンク堂のお得意様だということです。

多分見ていたかなりの人が思ったのは「これちゃんと処理すれば購入金額の3000万より高値で売れる」ということだと思います。実際、試しに一部を売ったら80万円という驚く値段でしたけどそれはそうですよ。多分プレミアついて元値の数倍で売れた商品もあったと思います。

新品未開封であれば、初版本ですしその作品のファンであれば間違いなく定価の倍でも欲しいって言う人はゴロゴロいると思います。そういった人に作品ごとに譲っていけばいいんじゃないかと思います。

というか、未開封新品はコレクションをしている人達からしたら「いくらでもいいから欲しい」と思うので雑に扱うのではなくちゃんと欲しい人に譲った方が人助け?にもなるんじゃないかと思いました。

私個人としては「業者に売る」のではなく業者と契約して「売れた総額の○%を手数料として業者に支払う」というインセンティブ方式にすれば業者もなるべく高く頑張って売ると思うのでお互いにとって最良の方法ではないかと思います。

そもそも依頼自体を「本を買いすぎて床が抜けたから見に来て!」ではなく「床が抜けたので流石に本を処分したい。処分した本をなるべく高く売りたいけど助けて!とにかく床が抜けたのは一見の価値があるのでぜひ見に来て!」という依頼にすればよかったんじゃないかな~と思いました。

最終的には自分が残したい本だけ残して処分したのですが、なんか写真集が多かった気がします。本人がそれでいいから良いと思うのですが、竹山探偵は腑に落ちない感じでした。

なお今回の依頼に協力した関西クリーンサービスさんは早速HPを検索したら
「探偵ナイトスクープに登場!」と広告を直していました。


おそらく番組と「こういう表示をしてもOK」と許可を得てその代わり無償協力したのだと思います。良い宣伝でしたね。

こういった依頼はやっぱナイトスクープでしか見られないので貴重な番組だと思います。★5つの依頼でした。

【協力】
●みのたけ書店(東大阪(小阪)の古本屋さん)
http://www.minotake-books.com/main.html
田村さん

●関西クリーンサービス
https://www.k-clean.jp/

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください